Entries

スポンサーサイト

副業で税務署の心配をする前に

 皆さんは、節税対策されていますか? 今の世の中、収入は減っても税金は持って行かれますよね。しかも、サラリーマンは源泉徴収ですので否応無しです。 ネットで、いろいろ副業されている方で、月収10万円を超えると、税務署の目が光ります。 税務署は怖いですよ。突然来ますからね。そして問答無用です。 でも、確定申告ってどうするの、青色申告って何、と言う方がほとんどだと思います。 ご紹介するレポートは、有料で...

住宅ローンの繰上げ返済について

返済手段の中には、月々の住宅ローンの返済とは別にローンを支払うという繰り上げ返済という方法があります。住宅ローンの繰上げ返済により、ローン残高を一気に減額させる事ができます。当初の住宅ローン返済計画予定よりも支払い利息を大きく節約できるのがメリットです。返済期間を短縮できること、返済総額を低く抑えることができることが住宅ローン繰り上げ返済の強みです。住宅ローンの繰上げ返済の際、注意しておきたいのは...

住宅ローン借り換えの手続きと諸費用

住宅ローンを借り換えるときはどのような手順で手続きを行えばよいのでしょうか。まずは情報収集が重要です。インターネットのホームページや金融機関の資料などを使って必要な費用や手続き内容についてある程度の知識を持っておきましょう。金融会社毎にプランが異なり、金利も特徴があります。期間限定の借り換えキャンペーンなども積極的に調べてみましょう。住宅ローンの借り換え先候補を決めたら金融機関数社に足を運びましょ...

返済額を減らす住宅ローンの借り換え方法

賢い借り換えによって、うまく住宅ローンの返済総額を減らしてみましょう。住宅ローンの返済額を減らすためにはどんな返済プランにするとよいのでしょうか。年収が勤続年数によって増加が見込めたり、家を建てた後しばらく共働きを続ける予定のある人は、住宅ローンの支払いも今後の収入を加味して返済額を減らす計画を立てることができます。例えばあと数年で教育費の負担がなくなるなど、将来支出が減る予定の人もいます。住宅ロ...

JAマイカーローンの申し込み

JAマイカーローンについて知るには、実際にJAの窓口で聞いてみることです。どこにJAがあるのか知りたい時は、電話帳やインターネットなどが手軽に探せます。基本的な借入期間は決まっていますが、JAマイカーローンでは窓口で直接頼むことで融通がききます。期間については窓口で相談してみてください。JAマイカーローンでは、固定金利制と、金利が変わる変動金利制の2種類の金利制があります。金利や返済プランについては微妙...

JAマイカーローンの審査基準

審査基準が厳しい分、JAマイカーローンはそれ以外のローンより低い金利を維持している印象があります。それでもJAマイカーローンは利用する価値はあります。普通に働いていれば審査をパスすることができるでしょう。借入時の年齢が18歳以上であり、最後の返済時の年齢が71歳未満であれば、JAマイカーローンの年齢条件はクリアできます。勤続年数が1年を越えており、200万円以上の前年度の税込み年収があれば、勤続状況の基...

社会人でも使える進学ローン

子どもの教育費のためにあるという印象の強い教育ローンですが、それだけではありません。例えば、キャリアアップや資格取得にも教育ローンは十分に活用できます。常に知識を深め自分を磨かなくてはならない現代において、社会人になってからも学びのための費用はかかり、勉強を続けなければなりません。職業能力開発校や専門学校で学ぶための費用でも、国民生活金融公庫の教育ローンは融資可能です。諸条件によっては、200万円...

進学ローンの選び方

目的別ローンの一つである進学ローンには様々な種類があります。まず、教育費のためにお金が必要ならば、奨学金を狙うことも一案です。奨学金は無利子で借り入れることが可能で、条件のよい方法といえます。奨学金の融資対象は限られており、世帯の年間収入などの制限もあります。奨学金の対象でなければ、必然的に進学ローンを選択することになるでしょう。進学ローンと一口に言っても様々なものがあり、その中から自分に一番合う...

破産しても保護されること

破産宣告を受けることによって、経済的な面では様々な制限が発生します。破産の事実とは関係なく、選挙権や被選挙権は保持されます。破産宣告の事実は本籍地の市町村役場の破産者名簿には記載されますが、第三者がこの名簿を見ることはできません。破産者名簿に名前が載ることがあっても、破算宣言の免責決定がされれば記録は抹消されます。破産宣告は官報に公告されますが、一般の人が官報で破産宣告を知ることはまずありません。...

破産宣告で課せられる制限

借金を返しきれず自己破産をすると、日常生活には様々な影響が出ます。個人が破産宣告を受けた場合、まず法律に関わる様々な資格に制限を受けることになります。例えば、弁護士、公認会計士、遣言執行者、法人の理事、株式会社の取締役、監査役などにはなれなくなります。また、破産宣告を受けた人は、必要と認められた説明をする義務が生じます。居住にも制限がかかり、裁判所から許可を得ない限り、住んでいる場所を変えることは...
ネットで何でも情報発信館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。